桃神祭 とりあえずの感想 夏菜子と心がシンクロした瞬間

こんばんは。


行ってまいりました桃神祭。
詳細は追って書くとして、熱いうちに書きたい思いがあるので、取り急ぎ更新します。


座席はアリーナで、センターステージからわりと近くてなかなか良かったです。
しかも、通路寄りの席だったので、そういう意味でも見やすく、動きやすかったです。


で、書きたいのはクライマックスで感じたことです。
最後の曲は、灰とダイアモンドだったのですが、
正直に書くと他により見たい曲がいくつかあったので、
イントロが鳴った時はこれで最後かと、正直内心複雑でした。
しかし、この曲の途中で、そんな思いは消え去りました。
「放課後いつも〜」からの各メンバーのソロパートが続くところで、
ソロの順番が最後となる夏菜子が、それぞれソロパート歌っているメンバーの方を見て微笑んでいる姿を見て
ふと「あぁ、ももクロっていいなぁ」とあらためて感じ、心と涙腺にグッとくるものがありました。
今日のライブで一番心が震えた瞬間でした。
この時点まででは。


というのも、最後の夏菜子の挨拶でそれを上回る瞬間があったからです。
夏菜子が、自分が「あぁ、ももクロっていいなぁ」と感じた部分について語り始めたのです。
夏菜子自身も、自分と同じように歌っている各メンバーの方を見ながら「ももクロっていいなぁ」と感じていたというのです!
さらに、最後に前を向いた時に、「モノノフっていいなぁ」と感じたというのです!
まさに気持ちが通じ合っていたんだなぁと、率直に驚き、それ以上に嬉しく、凄く心が温かくなりました。
忘れられない思い出になったし、この感覚というのか感性というのか何なのか、
これからも心の中に無くさず持ち続けて行きたいと思います。

「坂崎幸之助の第2回ももいろフォーク村デラックス」第62夜

こんばんは。


先日に引き続き、行ってまいりました代々木第一体育館
今回は定時まで仕事してからだったので開演直前の到着でした。
前座がほとんど見られなかったのは残念でした。
とりあえず記事あげときます。
セトリが見づらいのはご愛嬌ということで!


いやー、前回もそうだったけど、今回は色んな大物ゲストが見られてよかった!
ももクロちゃんの頑張りももちろんだけど!
miwa、コアラモード、新山詩織の歌唱力とそれぞれ個性があって、陳腐な言葉だけど凄いなぁって感じた。
最後のアカペラのくだりも良かったなぁ。
多幸感に包まれた空間でした。
単独ライブとは全然雰囲気が違うけど、またチャンスがあったら行きたいな!


M1 カノエラナ カノエラナです。
M2   ヒトミシリ
M3   やさしさに包まれたなら荒井由実
M4 がくや姫(木根尚登×坂崎幸之助) 酔いどれかぐや姫(南高節とかぐや姫
M5   アビーロードの街(かぐや姫
M6   好きだった人(かぐや姫
M7   ひとりきり(かぐや姫
M8   神田川かぐや姫
M9 ももいろクローバーZ×がくや姫 青春(かぐや姫
M10 がくや姫 泣いてもいいんだよ(ももいろクローバーZ)
M11 和田アキ子×ももいろクローバーZ 古い日記
M12 和田アキ子 All Right!!!
M13 和田アキ子×有安杏果 黒い炎(Chase)
M14 宇崎竜童×高城れに 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカダウン・タウン・ブギウギ・バンド
M15 宇崎竜童×ももいろクローバーZ 買物ブギ(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
M16 宇崎竜童×坂崎幸之助 沖縄ベイ・ブルース(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
M17 宇崎竜童×佐々木彩夏×高城れに 横須賀ストーリー山口百恵
M18 宇崎竜童×佐々木彩夏/ももいろクローバーZ ロックンロール・ウィドウ(山口百恵
M19 コアラモード.×ももいろクローバーZ 七色シンフォニー
M20 新山詩織×玉井詩織×コアラモード. 恋の中
M21 新山詩織×玉井詩織×コアラモード.×坂崎幸之助 デイ・ドリーム・ビリーバー(THE TIMERS
M22 新山詩織×コアラモード.×TOMOMI×玉井詩織/ももいろクローバーZ タイムマシンにお願い(サディスティック・ミカ・バンド
M23 百田夏菜子×加藤いづみ×miwa 世界でいちばん熱い夏(プリンセス・プリンセス
M24 miwaクロ いつか君が
M25   Princess
M26 miwa×有安杏果 つよくなりたい
M27 miwa×玉井詩織 失格(橘いずみ
M28 西川貴教×百田夏菜子 HIGH PRESSURE
M29 小室哲哉×木根尚登×西川貴教=TM Nevolution Get WildTM NETWORK
M30 小室哲哉×木根尚登×高城れに Self ControlTM NETWORK
M31 小室哲哉×マーク・パンサー×佐々木彩夏 DEPARTURES(globe)
M32 小室哲哉×マーク・パンサー×有安杏果 Feel Like dance(globe)
M33 津田英佑王子×百田夏菜子姫 とびら開けて(神田沙也加/津田英佑
M34 有安杏果×Go!Go!GUITAR GIRLZ×坂崎幸之助 好きさ 好きさ 好きさ(ザ・カーナビーツ
M35 ももいろクローバーZ 走れ!
M36 玉見沢詩織/ももいろクローバーZ×坂崎幸之助 ROCKDOM -風に吹かれて-(THE ALFEE
M37 篠原ともえ×ももいろクローバーZ クルクルミラク
EC1 ALL LINE UP 上を向いて歩こう坂本九
EC2 ALL LINE UP あの素晴らしい愛をもう一度加藤和彦北山修
EC3 ももいろクローバーZ 七色のスターダスト

GIRLS’ FACTORY 16 DAY3

こんばんは。


行ってまいりましたよガールズファクトリー。
平日でしたが、半日振替休暇があったので、それを使っての参戦。
記事の体裁は後で整えるとして、とりあえずセットリストをコピペ。
公式HP?のものだけど、スマホで単純なコピペしただけなので、
アーティスト名と曲名が見辛いであろうことは自覚してます。
いずれパソコンで直したいと思ってます。
感想も簡単に。こういう形態のライブは初めてだったので新鮮だった。
座席は結構悪い方の席だったが、それでも箱がいつもより小さいからか思ったより近く感じてストレスなく見られた。
多くがスタダのアイドルとはいえ、ももクロ以外はほとんど知らなかったので細かいことはよくわからないのだが、
皆キラキラしてたし頑張りが伝わってきてよろしいのではないかと。
清竜人25てすごいな…
後は色んなゲストミュージシャンがいて豪華だった。
華原のともちゃんは流石に声量と歌唱力が凄かった。
千秋〜!
曲数が物凄かった!40曲超えって!
ももクロに関しては好きな曲や思い入れのある曲が多くて良かった!
イマジネーション、上球物語 -Carpe diem-、空のカーテン、JUMP!!!!!、Chai Maxx ZEROなどなど。
行ってよかった!


M1 ガチンコ3×太田雄大×清塚信也
M2   無題
M3 清 竜人25 ラブ♡ボクシング
M4   Mr. PLAY BOY・・・♡
M5   Will♡You♡Marry♡Me?
M6 3B junior ひとつよろしくどうぞ
M7 ロッカジャポニカ 教歌SHOCK!
M8 3B junior 勇気のシルエット
M9 スターダストALL 七色のスターダスト
M10 チームOrange Sunshine Hello! Orange Sunshine(JUDY AND MARY
M11 私立恵比寿中学 ハイタテキ!
M12 チーム青大将 蒼い星くず(加山雄三
M13 華原朋美×百田夏菜子×咲良菜緒 I'm Proud
M14 華原朋美×秋本帆華 君がそばで
M15 チームアカレンジャイ 恋のヒメヒメぺったんこ
M16 百田夏菜子×3B junior 渚のラララ
M17 百田夏菜子×玉井詩織 シングルベッドはせまいのです
M18 イエローサミット5 YELLOW YELLOW HAPPY
M19 玉井詩織×コアラモード. 涙目のアリス
M20 玉井詩織×コアラモード.×チームわたあめ(仮) ももいろシンフォニー
M21 チームわたあめ(仮) あーりんと美玲ちゃんとさくちゃんは反抗期!
M22   だって あーりんと美玲ちゃんとさくちゃんなんだもーん☆
M23 佐々木彩夏×高城れに×CHI-MEY 私のアメリカンチェリー
M24 高城れに×しほり しょこららいおん
M25 Team紫しきぶ×杏子 星のかけらを探しに行こう Again
M26 杏子×いまみちともたか×有安杏果 泣いたままで Listen to me
M27 有安杏果 心の旋律
M28 チームよつば みんな空の下(絢香
M29 てんかすトリオ Puzzle
M30   永遠のトリニティー(三位一体)
M31 ももいろクローバーZ×ピエール中野×しほり GOUNN
M32 ももいろクローバーZ×ピエール中野 マホロバケーション
M33 ももいろクローバーZ×佐藤晃 希望の向こうへ
M34   空飛ぶ!お座敷列車
M35 ももいろクローバーZ×清 竜人 デモンストレーション
M36   イマジネーション
M37 ももいろクローバーZ×横山克 白金の夜明け
M38   D'の純情
M39   上球物語 -Carpe diem-
M40   空のカーテン
M41   JUMP!!!!!
M42   Chai Maxx ZERO
M43 ALL LINE UP Chai Maxx

MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 "AMARANTHUS/白金の夜明け" 西武プリンスドームDAY2

こんにちは。


行けましたよ!DAY2も!
いやー、本当に良かったです!
今回はAEの一次の時点で両日当選していて、ずっと楽しみにしていただけに行けないかもとなった時には
やるせない思いがあって、それによって色々あったのですが結果良ければすべて良し!
前日買えなかったグッズが欲しいなとか、ガチャしたいなとかいう思いはありましたが、
行けることになったとはいえ事情があってあまり早く行くことはできず、ドーム前に着いたのは14時半頃でした。
やはり、まずは事前認証からということで、認証をすると・・・アリーナを引き当てました!
表記だけ見るといまいち場所が掴めなかったので、前日も参考程度に入場前に見ていたネットにあがっている座席図を確認。
すると、どうもこれはセンターステージ付近ではないか?
とはいえ、あくまで一例だと思うので鵜呑みはできない(前日の席はビンゴだったけど)し、
前日と同じセット配置とは限らないのでぬか喜びはやめようと思いながらも内心テンションが上がっていました。
やはり求めていたグッズは完売していたし、ガチャも終了していたので抽選に向かう、途中で百田ノ天然水を購入。
夏菜子推しながら、水に200円は・・・と桃神祭の時も見送った自分でしたが、今回は100円だったので迷わず購入。
昨日と違って開演時間が近かったので駅前や抽選に向かう道が凄く混雑していました。
苦労して辿り着いたものの、安定の参加賞。
帰りに道中にあった比較的すいているトイレに寄れたことが収穫か。
で、入場し、席に向かうと例の座席図で想定していた位置で間違いなく、セット配置も変わっておらず、一気に気分は高揚。
実際に席に着くと、センターステージに隣接したブロックでほぼ角から見て4人目の席でした!
最高に近い!2014年のももクリの砂かぶり席より近い!
前日も開演が楽しみだったけれど、それとは比較にならないぐらい楽しみな思いで開演を待ちました。
幸い近くに極端に体の大きな人やマナーの悪い人もいなそうだったこともその思いを強くさせました。


実際開演するとメインステージから空中ブランコ(という表現が正しいかは疑問)に乗ったメンバーが徐々にセンターステージの方へ近づいてくる!
テンションが上がりまくりました!近い!
メインステージにいる時点で前日の一番近くに来てくれた時より近く感じられていたのに、本当に近い!
多くの時間、彼女達は正面を向いてパフォーマンスしていたけれど、それを横から見るというある意味レアな経験ができました。
そして、結構近くにも来てくれて本当に楽しかったです。
各メンバーサービス精神が豊富で、特に位置的にライブ全体を通してあーりんがいることが多かったのですが、彼女の心遣いが凄く良く目につきました。
夏菜子については、イマジネーションでしばらく近くにいてくれて、ワールドクラスの笑顔を堪能できました。
昨日と同様にアルバム部分はMCを挟まずに流れて行きましたが、最後の曲の桃色空の最後の部分で
しおりんが歌っている時、彼女の飛んでいる方向から陽がさしていました。
残念ながらピンクの空ではありませんでしたが、"黄色い"光がさしていて、何だか妙に感動してしまいました。
大袈裟かもしれないですが奇跡的なものを感じてしまいました。
彼女達のライブでは天候の部分でこれまでも奇跡的なことが起こってきましたが、それに通じるものを感じてしまいました。
アルバム部分が終わってからは、前日と同じく、いつものライブの様相となり、雰囲気が一変しました。
いきなり労働賛歌から始まり、盛り上がる曲の連続!
全く躊躇などなく声を出し、体を動かし楽しみました!
前日も披露していましたが、今回のツアーでは、行く春来る春をやってくれたのも嬉しかった。
この曲、青春賦が発売された時、他に収録されていた二曲もいいと思いながらも、一番好きだったのがこの曲でした。
春の歌なので、昨年の夏や冬のライブで披露されることはありませんでしたが、こうやって今年の春に見られて嬉しかったです。
GOUNNも見られて良かったです。「本物の奇跡は良い因果応報の果て」
アンコールのコールも、心からやりたいと思えたので最初から最後まで声を出し続けました。
どこで出てきたかちょっと度忘れしてしまいましたが本家若大将登場も良かった。歌詞分からず歌えなかったけど(笑)
南国ピーナッツさんの気球は圧巻でした!こちらは歌詞が分かるので歌えた(笑)
南ピーさん搭乗に立ち会うのは実は初めてなので、これも嬉しかった。
アンコールで一番楽しかったのは僕等のセンチュリーかなぁ。しばらく夏菜子が近くにいてくれたので。
噴射された紙テープ的なものもキャッチできたのも初めて?(キャッチしたのはピンク、後で赤も回収)で嬉しかった。
桃パン、あの空という初期の曲はライブで見るのは初めてだったのでこれも嬉しかった。
嬉しいことばっかりやないか!


ということで、雑で主観ばかりのレポとは到底言えない記事となってしまいましたが本当に楽しかった!
昨日も楽しかったのですが、比較にならないぐらい楽しかったです!
やっぱ良席の楽しさは別格だなと再認識しました。
ただ、これが当たり前と思わないように気をつけたいと思います。
次はいつかなぁ、アメリカはさすがに無理なので桃神祭かなぁ。
お盆だったり諸々の事情がありますが、何とか都合つけて参戦したいと思います!



1.個のA、始まりのZ -prologue-
2.桃源郷
3.白金の夜明け
4.マホロバケーション
5.夢の浮世に咲いてみな
6.ROCK THE BOAT
7.希望の向こうへ
8.カントリーローズ -時の旅人-
9.イマジネーション
10.MOON PRIDE
11.Zの誓い
12.愛を継ぐもの
13.もっ黒ニナル果て
14.桃色空
15.overture
16.労働讃歌
17.CONTRADICTION
18.君といつまでも
19.サラバ、愛しき悲しみたちよ
20.ももいろパンチ
21.ももクロのニッポン万歳!
22.行く春来る春
23.My Dear Fellow
24.コノウタ
25.行くぜっ!怪盗少女
26.GOUNN
27.走れ!
28.僕等のセンチュリー
29.あの空へ向かって

MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 "AMARANTHUS/白金の夜明け" 西武プリンスドームDAY1

こんにちは


行ってきましたよ!
物販整理券が14時〜の回を当選していたので、その時間に合わせて会場に向かいました。
西武ドームに着いたらまずは事前認証へ。
事前認証するまで席が分からないのでドキドキでしたが、渡されたチケットはスタンド、しかも結構後ろっぽい。
その場にいられるだけで幸せなのだからこれでがっかりしていちゃいけないと思いなおしたけど、瞬間的には落胆してしまいました。
この時点ではDAY2に行けない可能性が高い状況(結局行けたのですが)だったのでなおさらでした。
気を取り直して続けて物販認証を経て物販列へ、渡された鉛筆的なものの芯がないというトラブルと長い並びを超えての購入。
今回は奮発して色々買おうと思っていたけれど、人形系が二つとも完売してしまい買えませんでした。
散財を防げたと言えばいいのだけれど、WE ARE BORNの方は欲しかったなぁ。通販で買おうかなぁ。
物販の後は、その出口正面にあったももクロ画談録の販売及びサイン会へ。
正直、所十三先生のことは知らなかったけれど、こんな風に自分の仕事でももクロに貢献できるっていうことは凄いことだし、憧れる。
続いてガチャコーナーへ行き、しばらく並ぶも本日分終了で引くことが出来ず。
シリコンバンドが欲しかったのだがこれも致し方なしか。
ナボナを買って、抽選会で安定の参加賞を引き、早めに入場しました。
島風お好み焼きを食べ、座席につき、3Bjuniorのライブを聴きながらパンフレット2冊を読みながら開演を待ちました。
席は確かに遠かったのだけれど、エコパに比べればマシかなという印象。全体も見渡せるし。


以下、ライブ本編について。
アルバム部分はMCも挟まず世界観を尊重している感じでした。
映像も含め引きこまれていきました。
各メンバーの一芸的なものが曲中に披露されていたけれど本当に凄いと思いました。
短期間で大量の曲をレコーディングし、振りを覚え、2種のセットリストを並行して覚えること、それぞれ一つだけでも大変なことなのに、
これに加えてそれぞれが一芸をあのレベルまで持ってきたのは本当に凄い、凄すぎることだと感じました。
アルバム部分が終わると雰囲気も一変し、いつものライブの雰囲気になり楽しかった。
一つのライブなのに二つのライブを体験したような感覚でした。
遠い席だったし、ちょっと周りのモノノフに思うところがあった(雑談が多くプチネタバレもいくつかあった)けれど、
やっぱり彼女達のライブにハズレは無いし、本当に来てよかったと思いました。
大きな会場で遠くにいる客への配慮が凄くあって彼女達の温かさも感じました。
帰路は思ったより早く電車に乗ることができ、池袋までは満員だったものの、そこまで窮屈な思いはせずに帰ることができました。



1.embryo -prologue-
2.WE ARE BORN
3.モノクロデッサン
4.ゴリラパンチ
5.武陵桃源なかよし物語
6.勝手に君に
7.青春賦
8.サボテンとリボン
9.デモンストレーション
10.仏桑花
11.泣いてもいいんだよ
12.Guns N' Diamond
13.バイバイでさようなら
14.HAPPY Re:BIRTHDAY
15.Overture
16.Z女戦争
17.猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
18.ももクロのニッポン万歳!
19.いつか君が
20.行く春来る春
21.黒い週末
22.Chai Maxx
23.ツヨクツヨク
24.行くぜっ! 怪盗少女
25.走れ!
26.スターダストセレナーデ

いまさらですが AKB48劇場オープン10周年記念祭 レポート的なもの

こんばんは。


タイトル通りいまさらですがレポ的なものを書いてみます。
最初に断っておきます。
当日はかつての数少ないヲタ友のけ○たさんと久々にご一緒してイベントに参加しました。
その、け○たさんのレポを参照し、この記事を書いています。
では、どうぞ!


8年前に購入したフォトアルバム。
買ったことは憶えていたけれど、5万も払ったことは忘れていいた。
社会人になってそんなに経っていない自分としては、よく払ったなと思います(笑)
当時は10周年を迎えられるかどうかも疑問でしたし、10周年に到達してもこのイベントが行われるかどうかも疑問視していました。
たまたまヤフーニュースになっていたのを見て開催を知り、
たまたま検索して見たトガブロ?で事前登録が必要だけど期限が過ぎていることを知り、
運よくその期間が延長されていたので登録することが出来て参加が決まりました。
このあたりも、当時のヲタが今もトガブロ?をチェックしているとは限らないのにそのブログで重要な事項を発表するあたり、
相変わらずどこか不親切だなぁとも感じました。
ほんと、たまたま気付いてよかったです。


で、前置きはここまでにして、本編にまいります。
会場に行くまでの流れは当日にブログに書いていましたのでその続きから。
会場の最寄り駅に着いてからは、あまり早く行っても仕方が無いので近くのカフェで時間を潰しました。
ある程度時間が経過して会場に行きましたが、名前は知らないけれど見覚えのあるヲタが多数!
向こうも自分を見てそう思っているのかもしれませんが・・・
で、受付何かをする際に、物凄いヲタ連番に巻き込まれて、け○たさんを待っている時間はなかなか酷でした(笑)
結局、抽選グループもその連番と一緒になり、イベント中はある意味貴重な場に居合わせることが出来ましたが(笑)
で、ヲタもそうだけれどスタッフも、向こうはもう憶えてないかもしれないけれど、郡司さんや吉田さんがいて懐かしかった。
受付後は結構待たされて抽選。
なお、座席は自由席ではなく、一ブロックを16人で分け、そのブロックの座席の抽選を行う方式でした。
抽選運は現役時代同様悪く、最初は残念だったけれど、それも懐かしさを感じました。
結果的に席もそこまで悪くはなかったです。
入場の際は先に入っているアルバム購入者とメンバーに迎えられる形での入場。


なお、司会は徳光。
はっきり言います。
自分はあまり人を嫌ったりしないのですが徳光は嫌いです。
そういう目で見ているからではなく、この日の進行もはっきり言って?と思うところがありました。
何故かわからないけれど着席している我々「レジェンドファン」を「劇場公演のように」立たせようとしてきました。
劇場公演では座席に座っている人間は立ってはいけないことを知らないのでしょうか。
たかみな等のメンバーがやんわり制止するもしばらくしつこく言ってきました。
競馬しながら酒でも飲んできたのでしょうか。
まあ、この話はこれぐらいにしましょう。


以下、ライブのセトリです。



00.overture


01.唇にBe my love
知らない!


02.希望的リフレイン
知ってはいるけれども!


03.恋するフォーチュンクッキー
知っている!有名な奴だよね!


04.大声ダイヤモンド
自分のヲタ卒間際だね!


MC
ここで触れられましたが、当時のヲタはそんなにサイリウム持って無かったよね!
生誕とか特別な時以外はあんまり持っている人いなかったな!
かく言う自分もフリコピ派だったし!


05.言い訳Maybe
これは懐かしい!


06.フライングゲット
これは引退していたけれど知っている!


07.ヘビーローテーション
同上!


MC
運営の黒歴史ベスト5的なやつ

5位
チケットを紙からカードにしたやつ。
受付に時間が掛かり過ぎて廃止。

4位
1周年記念公演、整理券配付場所を当日ブログ発表したためヲタク秋葉原大爆走。

3位
旧MVP制度1日で終了。
一番応援を頑張っていたヲタクがMVPとして選ばれる旧MVP。
応援の仕方は人それぞれだから、とのこと。確かに。

2位
ペナントレース
なんかやってたことは知ってる。


1位
金魚鉢のライブ配信
やってた・・・気がする。


08.PARTYが始まるよ(A)
なつい!まあ、当時は自分もヲタではなかったけれども!
おーいえとかなついなぁ。彼女に限らないけれど再びこの目で見られる日が来るとは思わなかった。


09.転がる石になれ(K)
周りのKリーガーが凄かった!
会場スタッフに止められかけるも近くにいたtgsk公認で暴れる!


10.初日(3期生)
B3rdは初回公演に当選し、かつ1順で入場して最前センターで見たなぁ。
この曲は好きだけれど、当時Bは若干惰性で見ていたなぁと思う。
多分自分が一番多く見たセットリストはこれなんだけれど。


11.会いたかった
自分がAKBヲタになるきっかけとも言える曲。
関西で大学生をやっていた自分がたまたま深夜にやっていたAKBのドキュメンタリーを見て惹かれた。
で、最寄りのCDショップでこの曲のCDを買った。
あの番組を見たことが、AKBヲタではなくなった今の自分にも繋がっているんだと思う。
そう思うと本当に人生は色んなところに不意にターニングポイントがあるんだなぁと思う。


MC
すべり隊再来。


12.桜の花びらたち
やっぱ名曲だと思う。
フリコピしてる人が多かった。


ここで一応は終演。
アルバム当選者はここで退場、フォトアルバム購入者はメンバーと集合写真を2回に分けて撮影。
篠田の近くに行けたけれどコンタクトはとれず。
その後、12/8に劇場で行われる10周年公演に50名無料招待抽選。
最初は当たっても逆にどうしよう、みたいな思いがあったけれど次第に行きたいという思いが膨らむ。
しかし、ここでも抽選運の悪さは健在で外れ。


そして、最後に退場時にはフォトアルバム購入当時指定した推しメンから記念品手渡し。
篠田麻里子さんと久々に握手をし会話。
話すことなんて考えていなかったからどうしようと直前まで考えていた。
でも、自分の番が来ると「久しぶりだねー!全然変わらないねー!顔とか!」とまさかの憶えていただいていた!
これが正直意外すぎて驚いて、うまく言葉を返せなかった。
嬉しかったのだけれど悔いが残る!悔やんでも悔やみきれない!
当日のブログにも書いたけれど手紙を書くことをなんとか伝えた

このブログを書いている今現在、まだ書いていないのだけれど、今回はちゃんと書いて送る!


正直、AKBの運営については過度な期待は禁物だと思っていて、今回もその前提で構えていました。
しかし、予想を超えて楽しかった。
同窓会的な感覚で行ったし、実際そういう気持ちを味わったのだけれど、
それ以上に単純にイベントが楽しかった!
我々「レジェンドファン」をちゃんと優遇してくれて、本編終了後もサービス精神旺盛で本当に楽しかった!
麻里子様と久々に接触できたことも正直意外だったし、その結果憶えてもらえていることも分かり、
色んな意味で今後のモチベーションになりました!
本当に行って良かったと思います!
こんな機会は二度とないけれど、これ以上の機会を自らの手で生み出せるように、
AKBが発足当初からは考えられなかった10年後を迎えられたのと同じように、
努力して輝く未来を掴みたいと思います!